超貴重…!阪神のスーパールーキー佐藤輝「怪物の原点」写真 | FRIDAYデジタル

超貴重…!阪神のスーパールーキー佐藤輝「怪物の原点」写真

「小学校時代からバントを拒否」「水泳もバスケもサッカーも群を抜いて上手かった」 オールスターでは史上5人目の「新人本塁打」を記録

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
’10年、小学校6年でタイガースジュニアに選ばれた佐藤輝明(左)。隣は同級生で、チームメイトでもあった野川悟さん

「佐藤(輝明)が『甲東ブルーサンダース』にいた頃、他チームとの交流試合がありました。打席に立った佐藤にバントのサインを出したんです。すると、佐藤は『嫌です』という仕草をした。仕方ないので、試しにヒッティングのサインを出したら、しっかりホームランを打ったんです。彼の集中力と負けん気はすごいなと思いましたね」(甲東ブルーサンダース代表の高嶋年之さん)

阪神タイガースのルーキー、佐藤輝明(22)。プロ野球オールスターゲームでは、史上初となる新人でのリーグ最多得票を達成。7月17日の第2戦では史上5人目となる、「新人本塁打」まで記録した。

「84試合を終えて、打率2割6分7厘、20本塁打という堂々たる記録です。田淵幸一の球団新人本塁打記録(22本)は早々に更新するでしょう。清原和博らが持つプロ野球の新人本塁打記録(31本)を超え、どこまで記録を伸ばせるかというレベルです」(スポーツ紙記者)

まさに規格外なのだ。そんな怪物の原点は、冒頭の小学校時代にあった。佐藤は兵庫県西宮市出身。西宮市立甲東小学校1年のときに、地元のチームである『甲東ブルーサンダース』に入団する。前出・高嶋さんが話す。

「小学校時代の佐藤はマイペースで、どこか他の子どもたちと違った雰囲気がありました。小さい頃はそんなに身体が大きくなかったんです。それが、小学校の途中から、徐々に足が大きくなり始めた。それで(佐藤の)お父さんと『これはいずれ身体もデカくなるかもしれない』と話したのを覚えています」

小学校時代はそこまで身体が大きくなることはなかったが、身体能力はバツグンだったという。小学校、中学校の同級生であり、甲東ブルーサンダースのチームメイトだった野川悟さんが振り返る。

「テルはまさにセンスの塊でした。野球だけではありません。足も速かったですし、水泳もバスケもサッカーも、何をやらせても群を抜いて上手かった」

ブルーサンダース時代、打席に立つ佐藤。当時は主にキャッチャーをしており、その強肩も評判だったという

佐藤は小学校6年のとき『タイガースジュニア』に選ばれる。これは、プロ野球の12球団が編成する小学5~6年生による大会『NPB12球団ジュニアトーナメント』のチーム。監督推薦を受けた選手たちがセレクションを経て、選ばれる仕組みだ。前出の野川さんと一緒に、佐藤は選ばれた。佐藤の背番号は「8」。奇しくも現在の背番号と同じだった。

同世代トップの選手たちの間でも、佐藤の能力は目を惹(ひ)くものがあった。それはパワーや技術にとどまらなかったという。当時のタイガースジュニアでキャプテンを務めた、藤原瞭希さんが話す。

「当時の佐藤君はとにかくバッティングの上手さが際立っていました。バットに当てる能力も、それを遠くへ飛ばす能力もずば抜けていた。ただ、それだけでなく、精神面でも他の子どもたちとは違っていましたね。僕たちはタイガースジュニアとして、福岡ドームで試合をしたんです。あんな大きな球場でやるとなれば、普通の子どもは緊張しますが、佐藤君はまったくそんな様子はなかった。試合前の報道陣からの取材も物怖(ものお)じせずに受け答えしていました」

佐藤はその後、仁川学院を経て近畿大学へと進んだ。年齢を重ねるにつれて、身体は大きくなり、パワーも桁外れになっていった。そうしてドラフト1位で阪神に入団し、怪物級の活躍を遂げているのはご存じの通りだ。

「佐藤の一番下の弟が小学5年生で、いまウチのチームにいるんです。一度、佐藤がやってきて『弟をよろしくお願いします』と頭を下げていきました。野球道具一式もチームに寄付してくれた。本当に律儀なやつなんです」(前出・高嶋さん)

類(たぐ)いまれなフィジカルと、完璧なメンタルを併せ持つ佐藤。不滅の新人本塁打記録を築く可能性は極めて高い。

’20年初頭、ブルーサンダースに挨拶に訪れた際の佐藤。独特な私服が印象的だ。隣にいるのは高嶋年之代表
阪神入団後、佐藤がブルーサンダースに贈った野球道具。「阪神タイガース 8 佐藤輝明」と刺繡してある

『FRIDAY』2021年8月13日号より

Photo Gallary4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事