杉咲花 朝ドラ女優が「残暑のロケ現場」で見せた圧倒的存在感 | FRIDAYデジタル

杉咲花 朝ドラ女優が「残暑のロケ現場」で見せた圧倒的存在感

ニュースの現場 FRIDAY 目撃! ハリコミ24 〈横浜 09時05分〉

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
白杖を手に駅前の通りを歩く杉咲。杉咲の明るいキャラのおかげで、現場は笑いが絶えないという

まだまだ残暑が続く中、夏ドラマがクライマックスを迎える一方で、秋クールのドラマもすでにクランクインしている。9月上旬の朝、横浜市都筑区内の駅前では、『恋です!〜ヤンキー君と白杖(はくじょう)ガール〜』(日本テレビ系)の撮影が行われていた。杉咲花(23)主演のラブコメだ。

「杉咲演じるヒロインは、弱視の盲学校生。光と色がうっすらわかる程度の弱視という設定で、白杖を使用していることもあり、杉咲は不自然に見えないよう丁寧に役作りをしています」

ヒロインと恋に落ちるヤンキーを演じる杉野遥亮(ようすけ)(25)はモデル出身。俳優デビュー5年ほどだが、すでに主演も何作か経験している有望株だ。

この日は、通行人役のエキストラとともに、駅前の通りを歩くシーンを撮影。手に白杖を持ち、動かしながら通りの真ん中を進む杉咲を、杉野が呼び止め、立ち話をする二人。杉野がNGを出すと、杉咲が大笑いする場面もあった。

終始、和気あいあいとした雰囲気で撮影は進行。杉咲と杉野の熱演が楽しみだ。

本誌未掲載カット 杉咲花 多くのエキストラに囲まれ和やかな雰囲気でドラマロケ
本誌未掲載カット 杉咲花 多くのエキストラに囲まれ和やかな雰囲気でドラマロケ

『FRIDAY』2021年9月24日号より

  • 撮影近藤裕介

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事