井上咲楽の次に来る「次世代ブレイクタレント」の名前 | FRIDAYデジタル

井上咲楽の次に来る「次世代ブレイクタレント」の名前

スタッフは見た!週刊テレビのウラ側

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
バラエティ番組の企画で意中の男性に告白するために眉毛を剃った井上。恋愛は成就しなかったが美女タレントとしてブレイクするキッカケに

12月1日、ニホンモニターが調査する『2021年タレント番組出演本数ランキング』が発表された。

「今年から男女別での発表が廃止になりました。『バナナマン』設楽統(したらおさむ)(48)や『麒麟』川島明(42)ら、帯番組のレギュラーを持つMCが上位を占める中、フワちゃん(28)が424本で7位、みちょぱこと池田美優(23)が420本で8位にランクインしました。この二人が女性タレントの1位、2位ですね」(スポーツ紙記者)

昨年のランキングでも、フワちゃんが330本、みちょぱが331本と、帯番組のレギュラーを持たない女性タレントとしてワンツーフィニッシュを飾っている。

「バラエティ番組の女性タレント枠はフレッシュさが重要。普通であれば入れ替わりが激しいのですが、新型コロナの影響で、今年は業界全体が安パイなキャスティングに終始しました。その影響でしょうね。スタジオに呼べるタレントの数自体、まだ制限がかけられているので、確実に結果を出せる人が優先されるわけです。フワちゃんたちは旬が1年長引いた感じなので、来年が正念場になるでしょう」(キー局プロデューサー)

’21年の「ブレイクタレント」のランキングも発表された。賞レースなどで結果を出したお笑い芸人が上位を占める中、女性タレントで唯一ベスト10入りしたのが井上咲楽(さくら)(22)だった。

「ゲジゲジ眉が売りの個性派タレントでしたが、バラエティ番組の企画で眉毛をカットしたところ、本来の美女ぶりが全国ネットで周知されました。グラビア、女優デビューも果たすなど、仕事の幅を広げましたね。川島が大喜利の能力を評価した『NMB48』の渋谷凪咲(なぎさ)(25)もバラエティ番組のオファーが増えています」(制作会社ディレクター)

2022年のブレイク候補として期待されているのが男女コンビの『蛙亭』だ。

「10月に行われた『キングオブコント2021』(TBS系)では、最も不利とされるトップバッターながら高得点を叩き出した。ファイナルステージには進めませんでしたが、″出番順によっては優勝もありえた″と評価が高く、オファーが激増しています。とくにイワクラ(31)は今年の『M-1グランプリ』優勝候補の『オズワルド』伊藤俊介(32)らと一軒家で同居するなどネタが多い子なので、スケジュールの争奪戦になっていますね」(放送作家)

ブレイクタレントランキングには『有吉の壁』(日本テレビ系)で再ブレイクを果たした、もう中学生(38)も10位に入っていた。前出のプロデューサーは「リバイバルブームは今後も続く」と言う。

「コロナの余波で制作費が減らされ、攻めた企画が立てづらい状況。新しいスターを発掘しようという番組は少ない。ギャラは安いが知名度のある再ブレイク組は重宝されています。『ジョイマン』ら一発屋たちが近年、起用されているのは、まさにこの流れ。『おかずクラブ』のオカリナ(37)は黙々と食事をするだけのYouTubeチャンネルがウケて、CMをゲット。オカリナはドラマ『おっさんずラブ』の”沼”にハマったエピソードなど、”推し活”トークができるのも強みで、再び露出を増やしている」

次世代スターが誕生するのは、コロナ後になりそうだ。

『FRIDAY』2021年12月24日号より

  • PHOTO小松寛之

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事