2018年アクセスランキング カルチャー記事・ベスト5

2018年、もっとも読者の関心が集めたカルチャー記事とは?

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

2018年のカルチャーの世界も、実にさまざまなニュースがあふれていた。本庶佑・京都大学特別教授がノーベル生理医学賞を受賞し、カンヌ国際映画祭では『万引き家族』がパルムドールを受賞。漫画では『きみたちはどう生きるか』がベストセラーになった。

そんな中、FRIDAYデジタルが報じたカルチャー記事の中で、もっともアクセスが多かったのは、編集部も予想しなかった意外な記事だった。医療、写真集、アングラカルチャーなどFRIDAYデジタルが扱う幅広いニュースから2018年を振り返っていただきたい。

第5位 「注射1本でがん消滅」の治療がうけられるニッポンの病院はここだ

『FRIDAY』2018年8月31日号掲載

「がん研究会がんプレシジョン医療研究センター」所長・中村祐輔医師(65)が研究を進める”新たな免疫療法”に注目が集まっている。ノーベル賞にもっとも近い医師と呼ばれる中村医師の治療法では「注射一本でがんが消える」とまで言われている。フライデーでは中村医師の取り組みを何度も報じているが、ランクインしたこの記事では、最新の研究施設と治療が受けられる病院を紹介している。

中村祐輔医師が研究している最新がん免疫療法の詳細はコチラ

第4位 捨て身のルポ! 吉原の「連れ込み宿」でホントに起こった心霊現象

『FRIDAY』2018年8月31日号

江戸時代から続く日本有数の遊郭地に残されていた最後の「連れ込み宿」が、今年7月に閉館した。創業50年を誇るこの宿は吉原通の間で有名なだが、その理由は、昔ながらのレトロな趣ではなく、10年ほど前から旧館に出ると噂の「オンナの霊」。真実を確かめるべく記者が潜入体験した記事がランクイン。

捨て身のルポで実際に体験した異常現象はコチラ

第3位 愛妻家俳優 原田龍二が温泉不倫!? エロすぎるリアルボディ!

『FRIDAYデジタル』オリジナル記事

最近は、二枚目俳優というよりは、バラエティ番組での活躍が目立つ原田龍二氏(47)。そんな彼が、18年10月にデジタル・ヌード写真集を刊行した。テーマは「温泉不倫旅行」。リアルな裸体を惜しみなくさらけ出したこの写真集は、女性読者だけでなく温泉好きな男性読者をも魅了している。この写真集と連動した記事が、第3位に。

原田龍二のヌード写真集、その詳細はコチラ

第2位 コミック1話無料配信 『夫のちんぽが入らない』著者インタビュー

『FRIDAYデジタル』オリジナル記事

2017年1月に発売された私小説『夫のちんぽが入らない』。その衝撃的なタイトルとは裏腹に、夫婦が抱える切実な問題と向き合う姿勢に多くの読者が共感した。本記事では、作者のこだまさんにインタビュー。2018年もっとも話題性の高い書籍だったことは間違いない。

『おとちん』の著者インタビューとコミック1話が読める記事はコチラ

第1位 【グラビア】全身「刺青」女性が彫ることを決めた思い

『FRIDAYデジタル』オリジナル記事

なんとカルチャー部門で第1位に輝いたのは、全身に刺青をいれたモデル游姫さん(28)のグラビア&インタビュー。錦絵のように美しい日本の刺青に惚れ込み、7年もの月日をかけて完成させた全身アートは、彼女の細部にわたるこだわりによって、崇高な美しさに仕上がっている。ぜひ一度ご覧いただきたい。

全身をキャンバスにして彫られる彼女のアート作品はコチラ

  • 撮影浜村菜月、木邑旭宗、安田和弘

Photo Gallary5

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事