『タラレバ』『逃げ恥』『ホームルーム』今一番ヤバい漫画はコレ!

平成アクセスランキング 【各作品試し読みあり!】FRIDAYデジタルで最も読まれた漫画を一挙公開 

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

話題の実写化作品の原作や、『このマンガがすごい!』などの漫画賞に輝いた作品、これから人気が出そうなイチオシの注目作など、漫画の特集記事をこれまで多く掲載してきたFRIDAYデジタル。

そんなバラエティ豊かなラインナップの中から、特に注目を集めた作品をランキング形式で紹介。

恋ダンスが社会現象となった“逃げ恥”こと『逃げるは恥だが役に立つ』、実写化もされた『東京タラレバ娘』の他、大注目の『ホームルーム』『目黒さんは初めてじゃない』『わたし、いい人やめました』の3作品もランクイン! どれも読みごたえたっぷりだけれど、見事1位に輝いたのは……?

第5位:『逃げ恥』待望の連載再開! みくりと平匡の生活に「大変化」が?

再連載第1話は、みくり&平匡がこれまでの2人の物語を歌って踊って振り返るミュージカル(!)シーンからスタート。遊び心たっぷりの『逃げ恥』ノリは健在だ

みくりと平匡(ひらまさ)が帰ってきた!

2019年1月25日に発売された月刊漫画誌「Kiss」3月号で再び連載が始まったのは、海野つなみ作の超人気コミック『逃げるは恥だが役に立つ』。そう、2016年に新垣結衣・星野源主演でドラマ化され、視聴者を翻弄する「ムズキュン」なシチュエーションや、エンディングのキャッチーな「恋ダンス」で全世代を巻き込み一大センセーションを起こした、あの『逃げ恥』である。

続編となる新作は、感動のエンディングから2年後の物語。契約結婚から始まったみくりと平匡の〝マジ婚〟生活ぶりはいかに? そして、巻き起こる「大きな変化」とは? 作者である漫画家・海野つなみさんが、「まだ描いていないテーマがあった」と期待の続編について語ってくれた!

海野つなみ先生インタビュー全文はコチラ

『逃げるは恥だが役に立つ』第1巻 第1話を試し読み!

第4位:ついにあの子が結婚!?『東京タラレバ娘』復活の舞台裏・前編

2019年3月13日に刊行された『東京タラレバ娘 リターンズ』は、高まる読者の声を受けて企画され、2018年末、月刊『Kiss』誌上で連載された番外編。純白のドレスに身を包んだ『タラレバ娘』たち、ついに結婚⁉︎

もっときれいになっ「たら」、きっといい男が現れるはず。あのとき彼と結婚してい「れば」、今頃はきっと幸せになれていたのにーー。希望と後悔を積み重ねながら、現代をタフに生きるアラサー女子の生態を赤裸々に描いて累計500万部の大ヒットを飛ばした人気コミック『東京タラレバ娘』

惜しまれつつの完結から、はや2年。この春、ファンにビッグニュースがもたらされることに。あのタラレバワールドに、何と新たな展開が?

連載・単行本の担当編集者が、生みの親である漫画家・東村アキコ氏のコメントを交えつつ、その真相を明かす。

ついにあの子が結婚!?『東京タラレバ娘』復活の舞台裏・前編

『東京タラレバ娘 リターンズ』&『タラレBar』試し読みはコチラ

第3位:20代の4割が童貞時代の漫画『目黒さんは初めてじゃない』が話題

18年間童貞であった主人公の古賀くん。学園のマドンナ、目黒さんに告白しオーケーを貰うものの……?恋愛初心者で純粋な古賀くんとのお付き合いの中で、経験豊富な目黒さんが少しずつ変わっていく姿に思わず胸キュン!

漫画アプリ「Palcy(パルシィ)」で大注目のコミック『目黒さんは初めてじゃない』。恋愛コミックであること、また可愛らしい絵のタッチから、女性ファンがほとんどかと思いきや、男性読者がめちゃくちゃ多いそうで、「Palcy(パルシィ)」男子ランキング1位を獲得しているという。

主人公の古賀くんは、彼女いない歴=年齢=DT(※童貞)の男子高校生。そして、恋のお相手は、美少女で学園のマドンナ、目黒さん。ストーリーは、意を決した古賀くんが彼女に告白し、奇跡的にOKをもらうところから始まるのだが、彼女の口から放たれた一言は、「いいですよ。けど私、処女じゃないですよ」だった――。そう、これは、経験豊富な非処女・目黒さんと、DT男子古賀くんのピュアな関係を描いた恋愛ドラマなのだ。

「20代男性の約4割が童貞」というデータも出ている現代日本。ゲスさ皆無の超ピュアな純愛漫画である本作は、『夢』と『尊さ』が詰まった新世代の“ドリーム漫画”なのかも?

20代の4割が童貞時代の漫画『目黒さんは初めてじゃない』特集記事はコチラ

『目黒さんは初めてじゃない』6話分無料公開中!

第2位:漫画『わたし、いい人やめました』が働く女子の共感を集めるワケ

会社員として働いてきた著者・カマンベール☆はる坊さん。職場の飲み会でのショッキングな出来事をきっかけに、生まれて初めて「いい人」のレールを外れてみることに。社会人なら誰もが一度は経験したことがあるかもしれないエピソードの数々が、胸に突き刺さる

『ここで言ういい人とは、人格者としてのいい人でなく、社会規範を気にしすぎる人のことです』

こんな注釈から始まる『わたし、いい人やめました』は、そのタイトル通り、「いい人」をやめるという決意をした著者・カマンベール☆はる坊さんによる実験的エッセイ漫画だ。「これ、自分のことだ」「すごく解る」とSNS上で多くの人々の共感を呼び、アラサー向け人気女性誌「BAILA(バイラ)」2月号でも特集が組まれるなど、大きな注目を集めている。

本記事では、「いい人」をやめるに至った経緯や、実際に「いい人」をやめてみてどう変わったかをカマンベールさんにインタビューし、「実験的エッセイ漫画」が生まれるまでのプロセスに迫ってみた。カマンベールさんの実践の数々に、きっとあなたも目から鱗なはずだ。

漫画『わたし、いい人やめました』が働く女子の共感を集めるワケ

『わたし、いい人やめました』①・②話を今すぐ読む!

 

第1位:無料配信付き イジメ漫画『ホームルーム』がとにかくヤバい!

イケメン教師、ラブリンこと愛田先生は生徒たちに慕われる人気者だが、実はクレイジーなサイコパス!? 女子高生・幸子のベッドの下に……という衝撃的なカットだが、こんなのは『ホームルーム』ではまだまだ序の口……

「登場人物が全員ヤバすぎる!」新進気鋭の漫画家・千代先生による『ホームルーム』が、いま話題を呼んでいるーー。

真面目で巨乳の女子高生・幸子は、クラスメイトの何者かによる嫌がらせを受けている。そんないじめられっ子の彼女を救うのは、爽やかなイケメン教師、ラブリンこと愛田先生。冒頭の、教師と生徒の純愛を描いた学園モノっぽい展開は一瞬で崩れ去り、異常者たちが次々とあらわれるサイコパスな恋愛物語だ。みんなの予測不能のクレイジーな行為は、恐怖を通り越してもはや痛快! こんなぶっとんだ漫画を描く千代先生って一体どんな人?

千代さんをよく知る担当編集を交えて、インタビュー取材を敢行。気になるアレコレを聞いてみた記事が見事、アクセスランキング1位! 怖すぎて思わず笑ってしまいそうになるほどの“ヤバさ”を、ぜひ体感してほしい。

漫画家・千代先生インタビュー全文掲載 『ホームルーム』がとにかくヤバい!

『ホームルーム』第1巻 1~3話 無料公開はコチラ

Photo Gallary5

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事